Author: wp_sv_4336_46016 (page 2 of 2)

絶対に使ったほうが好ましい物なの?

受胎をするため、今まで至極知らなかった祝い事などを意識するようになったりしますよね。

姉も今丁度そんな感じで、戌のお天道様のカレンダーをチェックしている最中です。

パパのヒューマンのご両親と共に出かけることになっているので、なんとなく緊張しているみたいだけど、戌のお天道様というと腹たいか。

今はまだまだ使ってはいないんだけど、もう実装をした方がいいのかな?って耐えるあたりなんですよ。

絶対に扱うべき!という品物というよりは、あったほうがラクかな~という感じですよね、胃腸たいって。

保湿とか保温の事を考えたら、使ったほうがいいとおもうんだけど・・・

グングン姉が耐えるお話があって、各種商品があるから、どれを使ったらいいのか思い付か的。

両者使い勝手が違うみたいだから、余剰があればみんな使ってみればいいんじゃないの?は言ってみたけど、実に取り扱うのかどうか、使うとしたらどんな物にするのか、わずか気になります。

色眼鏡も欠かせないものですよ

陽射しが強くてまぶしいから並べる、という自身もいるとは思うけど、私の都合、色眼鏡はUV対策の1つとして使っています。

目線からもUVを吸収するって話を聞いて、日焼け止めクリームを塗っていても目線が無防備だったら厳禁らしくって。

確かにまぶしいのを防ぎたいってメンタルもあるんだけど、こういう話を聞いてからは、ミッドサマー以外でも日が出ている時は色眼鏡を使うようにしています。

出来るだけ焼けないようにいつつ、仮に焼けてしまった時のことも考えて、その後のスキームも敢然と並べるようにしています。

程度はどうしてであれ、一種の火傷のようなものですからね。

従来は小麦色に焼けた人肌が流行っていましたが、最近は美容白が一番って事で、焼けて要る自身って必ずしも見かけなくなりましたよね。

UVのインパクトも窺えるし、もらえるスキームは敢然と取っていきたいと思います。

なので、色眼鏡を通じていらっしゃる自身を見かけたとしても、かっこつけて掛かるだけ・・・と思わずに、UVスキームを敢然とやる自身なのかな?って考えてみると、今までとは違う感覚が出来ると思いますよ。

Newer posts